クレジットカードの現金化っていけないことなの?


クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化というのは、最近特に注目され始めていることなので、ちょっと興味を持っているという人も多いかもしれません。普通、なんらかの事情があってまとまったお金が必要になった場合は(まとまったお金が必要になるという事態は、誰にでも考えられます)銀行や消費者金融からお金を借りることを検討する人が多いと思います。

けれども、様々な事情があって消費者金融からお金を借りることが難しいという人にとって、まとまったお金が必要になった際には、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化という行為も選択肢の一つに入ってくると思います。クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化とは、簡単に言えば、たいていのクレジットカードに搭載されている機能である〈ショッピング枠〉を用いて、換金した際に高額になる商品を購入し、必要な時に、商品を現金に変える行為です。

ポイントになるのは、市場的に高額な値段で取引される商品に関する情報の確保です。ショッピング枠を利用して、どのような商品でもとにかくがむしゃらに購入すればいいというわけではありません。ある程度の高額商品を入手しなければ意味がないのです。

ここで問題になるのは、当然のことながら、どのような商品であれば市場的に高額で取引されるのかという問題です。せっかく買った商品が、あまり高額で取引してもらえなかったというのでは意味がありません。常にこういった高額商品の情報を収集し、現金化を行う際にミスを起こさないということであれば、わざわざ専門の業者に依頼して現金化を行う必要もないのかもしれませんが、実際のところ、個人がこういう高額商品の情報を集めるのは限界が有ります。

だからこそ、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化を検討する際には、専門の業者に依頼したほうが効率が良くなるのです。業者によって、得意とする商品に若干の違いがありますし、たくさんある現金化の請負業者の中には、必ず悪徳なものも含まれているので、現金化を依頼する際にはどのような業者を選んでも構わないということはありません。かならず、現金化の専門業者に関する情報を網羅したポータルサイトなどを十分に参照する必要があるでしょう。

ただ、一度良い業者を見つけることができたら、いわばその業者にとっての「お得意さん」として継続的に依頼を持っていけば、だんだんと商品の換金率が上がるということ考えられます。

ここまでは比較的、現金化の専門業者を利用する際のメリットみたいなものを紹介してきましたが、もちろん、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化という行為が百パーセントプラスになる行為なのかというと、残念ながらそれほど単純な話でもあり昌円。クレジットカードの現金化にはいろいろとむつかしい問題もあるのですが、私が最も注意したいのは、クレジットカードの現金化という行為の合法性です。

つまりこういった行為を行うことは、法的に見てありなのかどうなのかという問題です。クレジットカードの現金化という行為については、違法性があるのではないかという議論が、もう随分と前から行われています。なぜなら、クレジットカードのショッピング枠を利用して買った商品は、基本的に転売を禁じられているからです。

それでも、クレジットカードの現金化という行為を行うためには、高額商品の転売という行為が前提になりますので、ここを避けて通ることはできません。だからこそ時おり、こういった行為の違法性というものが問題視されるわけです。白か黒かで言うと、現金化という行為はグレーゾーンに当たる行為でしょう。クレジットカードの現金化をおこなうことについて、何の問題もないということは無いと思います。安全性に関しては、http://genkinkadays.vivian.jp/もご参照下さい。

実際、摘発されるケースもあります。そういったトラブルを事前に避けるために、クレジットカードの現金化を検討する際には専門のノウハウを持つ業者に依頼するのが近道だという考え方もあるわけです。でも、クレジットカードの現金化を行うことがそれほど重罪であるなら、現在では主にネットの世界で活躍している専門業者が、国の手によって一斉に摘発されるという事態も十分に考えられるはずです。

ところが実際には、それほど大規模な摘発の話は聞いたことがありません。だからやはり、クレジットカードの現金化という行為はグレーゾーンなのでしょう。